歯科保健医療行政関係者のための研修会(歯行研)
このたび、保健事業ガイドライン委員会を設置し、新規事業として歯科保健医療行政関係者のための研究会(歯行研)を開催することにいたしました。
 各都道府県、市町村に勤務する歯科保健行政職及び関係団体等の皆さまに向け、各地域における歯科保健行政の推進に資する情報提供と課題提起を行ってまいります。
​ つきましては、第1回歯行研を下記の通り行いますのでご案内いたします。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
第1回歯科保健医療行政関係者のための研修会(歯行研)
 日程:2019年2月9日(土)10:30〜12:30
 場所:東京歯科大学水道橋校舎本館13階 第1講義室
 テーマ:厚生労働省が進めるフレイル対策から歯科の役割を読み解く 〜「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン」と「保健事業と介護予防の一体的見直し」から今後の歯科の関わりを考える 〜
 対象者:1)歯科保健行政担当者
     2)歯科医師会及び歯科衛生士会担当役員
     3)社会歯科学会会員
     4)その他、本研修会に参加を希望する者
 参加費:資料代として1,000円(社会歯科学会会員は500円)
​  当日、会場受付にて現金でお支払いください。
  領収書兼参加証明書をお渡しいたします。
 申し込み方法:
  こちらの申し込みフォームに記入し、送信してください。
 申し込み期限:2019年2月6日(水)

社会歯科学会 事務局

〒103-0004

東京都中央区東日本橋2-28-4 日本橋CETビル2階

ヘルスケアリサーチ株式会社内​ 「社会歯科学会 事務局」

© 2017 The Circle of Social dentistry